コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2018年05月25日 [妊娠・更年期]
暑さに関係なく、急に汗が吹き出す、
のぼせる、火照る、、、
こうした症状は、自律神経の乱れによるもの。
でも、女性ホルモンの減少が影響しています。

自律神経の中枢と女性ホルモンの分泌をバランスよく促す中枢は、
共に脳にあって、隣同士に位置しています。
そのため、互いに影響を受けやすいのです。

交感神経が優位になりやすい更年期。
大切なのは気血の巡り。
お灸で自律神経を整え、女性ホルモンの減少による
不調を遠ざけましょう。
三陰交(さんいんこう):うちくるぶしから指4本分上がったところ。骨の際で、押すと圧痛があるところ。
三陰交

鍼灸師 関野さちこ


2018年05月10日 [妊娠・更年期]
「本来、女性のからだは、子孫を残すために出来ている」のだそう。

「だからエストロゲン(女性ホルモン)に守られているけれど、
年齢を重ねて、子孫を残すことが無理とわかった途端、
エストロゲンが離れていく」のだとか。

だからこそ、更年期からは自分次第。
自分のからだとどう付き合うか、
いままで、どう付き合ってきたか。

そういったことを見直し、いたわり、手当てするだけで、
これからの過ごし方がグンと変わってくる、ということでしょう。

女性は40歳を過ぎると(男性はもう少し早い)、副交感神経の活性度が低下して
交感神経が優位になりがち。

まずは、リラックスや休息を心がけたいですね。

鍼灸師 関野さちこ





2018年01月26日 [妊娠・更年期]
足先から子宮へとつながる経絡、「足の厥陰肝経」
婦人科系の不調がツボに現れやすいラインで、
女性にとってとても大切なライン!

子宮卵巣周辺に冷えやお血があったり、
生理痛ほか、なにか不調を抱えていると、
この経絡にも滞りが生じて、膝下から足先にかけて
触ると、痛みがあったり、撫でるとデコボコしていたりという反応が!

こうしたところをお灸やマッサージでケアすることで、
自分では直接、触れることの出来ない骨盤内の環境を
いたわることができるのです☆

コロッラでは、こうした、自宅で簡単に出来るセルフケアも
多くお教えしています!

さて、今朝も氷点下!
寒くてびっくりしました。

寒さに負けず、元気に週末も過ごしましょう!
ではまた火曜日に。




このページの先頭に戻る