ビジネスブログ|アロマはり灸サロン コロッラ

アロマはり灸サロン コロッラ
2017年10月17日 [妊娠・更年期]

手指の変形性関節症

指のこわばり、痛み、腫れ、変形など関節リウマチと似た症状に
変形性関節症という病気があります。

リウマチと同様、女性ホルモンが影響して起こるとも言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。
痛みは数年で消えるとされますが、関節が変形してしまうと、元には戻りません。

手指で変形が起こりやすい場所として、指先に一番近い関節と、その下の第二関節の二か所。
第一関節に起こる変形をヘバーデン結節、第二関節に起こる変形をブシャール結節といいます。

痛みや炎症があるときは、鎮痛剤を使用しますが、日頃のケアとしては、手指の血行を良くしたり、
関節が変形した状態で固まらないよう、温めてグーバーするなど、手指を動かすことも有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る